社内システムをつくろう!

社内システムをつくろう!

あるシステム担当のブログ。本サイトのご利用は自己責任にてお願い致します。

Office365を勉強する

f:id:Lync:20160704201827p:plain

出典:Office - Microsoft Store 日本

 

「Office365」の導入を検討されている情シス担当者や実際に相談を受けたSIerの方々も増えてきたのではないでしょうか。

本エントリでは、Office365について説明された記事を引用しながら、その機能やメリット、注意点などについて学習していきます。

 

【ステップ1】Office365とは?

まずはこちらのエントリでOffice365について基礎を学習しましょう。

特集「Office 365」:今さら聞けない「Office 365」、基本と機能をおさらい (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 

本記事から引用すると、Office365とはこのようなサービスと言えます。

Office 365とは、改めて何か。業務効率を向上させるための統合業務ツール群で、これをクラウド上(やデスクトップ)でまとめて利用できるサービスだ。

Microsoftの解説ページには「クラウド版グループウェアサービス」とも説明されている。これがOffice 365の製品としての性格をよく表している。基本機能としては次の5つが含まれている。

  • Exchange Online
  • SharePoint Online
  • Lync Online
  • Yammer
  • Microsoft Office(Office 365 Business/ProPlus)

出典:特集「Office 365」:今さら聞けない「Office 365」、基本と機能をおさらい (1/2) - ITmedia エンタープライズ

『Officeを含めたMSの業務ツールをクラウドで提供する』というのがザックリとしたところでしょう。

 

【その2】Office365の導入メリット

ではOffice365導入のメリット、効果とはなんでしょうか?それについてはこちらの記事を。

特集「Office 365」:「Office 365」導入で、どんな効果が期待できるのか (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 

Office 365の特徴は、「国内データセンター」で「必要な業務ツールをオールインワン提供」すること。情シスはそのコストメリットをどうとらえるか。リセラーによると、導入検討段階の企業が「ナルホド!」と一気に前向きになるポイントがあるようだ。「BCP」と「国内データセンターで提供」である

出典:特集「Office 365」:「Office 365」導入で、どんな効果が期待できるのか (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 3.11を契機に企業の事業継続性が問われることになりました。業務データの重要性が高まる昨今、災害等によるデータの損失により事業の継続が困難になることは大いにあり得ます。

オンプレミス型サーバでの運用は、その対策を自社で行う必要があります。対策には、多大なコストが発生することになり、こうした仕組みを中堅規模以下の企業が導入するには、投資の面で極めて難しいと予想されます。

この点、Office365は冗長化の仕組みを標準で提供しているので、それらの悩みを一気に解決することが可能です。

業務に必要なツールをクラウドサービスとして包括していることに加え、Office 365は国内企業ユーザーへ、日本国内のデータセンターよりサービスを提供する。東日本と西日本、2拠点のデータセンターでデータを管理する「冗長化の仕組み」が標準で提供されている。

出典:特集「Office 365」:「Office 365」導入で、どんな効果が期待できるのか (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 

◆随時追記中!

本日はここまで。随時更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。

【VDI】2020年にはクライアント仮想化導入率は42.3%にまで成長ーIDC

ITProによると、調査会社のIDC Japanは2016年6月29日、国内クライアント仮想化関連市場に関する調査結果を発表した。

その調査によると、2015年~2020年の同市場の年間平均成長率(CAGR)を8.0%と分析し、2020年には6611億円にまで拡大すると予測した。

f:id:Lync:20160704192724j:plain

出典:ニュース - [データは語る]2020年にはクライアント仮想化関連市場は6611億円にまで成長ーIDC:ITpro

 

こう思った。

やはりセキュリティとモバイルワーク・リモートワークの兼ね合いから、クライアント仮想化を選択する企業が増えているということだろう。

上記の調査では、2020年の法人向けクライアント市場におけるクライアント仮想化導入率が42.3%まで拡大すると予測しているそうだ。

SIerには今後一層、Citrix Xen DesktopやVMware Horizon等を利用したデスクトップ仮想化の技術習得・サービスの提供が求められることが予想される。

AWSが共有ファイルストレージ「EFS」の一般提供を開始!東京リージョンは未公開

ITProによると、AWSは2016年6月28日(米国時間)、UNIX系の分散ファイルシステムNFS(Network File System)v4に対応した共有ファイルストレージサービス「Amazon Elastic File System(EFS)」の一般提供を同日に始めた、と発表した。

 

f:id:Lync:20160630195305p:plain>

今回はこのEFSの特徴についてまとめてみた。

AWSとNFSの関係

いままでAWSでNFSを利用する場合、S3を利用するか、NFSサーバを構築するしかなかった。

ただし、S3をNFSをとして利用する場合は、レスポンスに問題があったりして、とても使い物にならなかった。

「遅い!!」この一言に尽きます。echoコマンドで"World"という文字列をファイルに書き出すだけで1〜2秒くらいかかります。これはS3とのやりとりをHTTPのリクエスト/レスポンスで行っているためです。ローカルストレージのブロックデバイスではないので仕方がないですね。Webアプリから直接このS3領域に書き込むのではなく一旦ローカルディスクに書き込み、rsyncなどで定期的に同期してあげると良いでしょう。

出典:s3fsを使ってEC2からS3をマウントしたときにうまくいかなくて調べた事まとめ | Developers.IO

 

またNFSサーバを構築する方式もあるが▼(CDPにもある)、

CDP:NFS Sharingパターン - AWS-CloudDesignPattern

f:id:Lync:20160630194317p:plain

出典:CDP:NFS Sharingパターン - AWS-CloudDesignPattern

こちらのパターンはNFSがSPOFとなってしまうことが欠点だった。冗長化のためにはGlusterFSなどのソリューションを検討する必要があり、比較的複雑な構成となる。

 

EFSはAWSでNFSを使うためにこれらの方式を取っていた利用者にとって、画期的なソリューションとなる。

 

AWS EFSの特徴まとめ

【特徴1】自動拡張のフルマネージドNFS

EFSは事前に容量の指定をしません。使うと使っただけ拡張し、使った分だけが課金されるというシステムとなります。ドキュメントによると

there’s no fixed upper limit and you can grow to petabyte scale
つまりどこまででもいける、ということです。フルディスクの心配がない、事前の見積をしなくても最低限の課金で済む、という設計は嬉しいですね。

出典:【新機能】Amazon Elastic File System (Amazon EFS)がついにGA (一般利用可能)に! | Developers.IO

 容量は自動拡張。使った分だけ課金というシンプルな課金体系。特に利用者側でメンテナンス等は必要ない、フルマネージドのサービスだ。

 

【特徴2】シングルVPC、マルチAZで利用可能

EFSは一つのVPCの各サブネットに対してマウントすることで使えるようになります。ですのでVPC内のEC2インスタンスであればAvailability Zoneを問わずにアクセスすることができます。ただAZごとに一つまでしかターゲットを作れないので、どのサブネットに作るべきかは設計が必要です。

出典:【新機能】Amazon Elastic File System (Amazon EFS)がついにGA (一般利用可能)に! | Developers.IO

 

f:id:Lync:20160630193108p:plain

各サブネットにマウントターゲットを作成することができ、それぞれのマウントに対するアクセスはセキュリティグループにて制御する形となります。各サブネットに対してマウントターゲットを作成する、ということはどのサブネットにインスタンスがいるかによってマウントするターゲットを変えることでどこにいても常に一定のパフォーマンスを出すことが出来そうです。

出典:【新機能】Amazon Elastic File System (Amazon EFS)がついにGA (一般利用可能)に! | Developers.IO 

EFSは複数セグメントに足を出したNFSストレージのイメージで利用することが可能だ。 

 

【特徴3】提供リージョンは?

利用可能なリージョンは、米東部(バージニア州北部)、米西部(オレゴン州)、欧州(アイルランド)の三つ。東京リージョンを含む他のリージョンでの開始時期は未定だ。

出典:ニュース - AWSが共有ファイルストレージ「EFS」の一般提供を開始、容量が自動拡縮し運用作業を軽減:ITpro

ただ東京リージョンは開始時期未定とのこと…。残念。。。

 


いかがでしたでしょうか?

AWSの進化が止まりませんね…。「AWSにはNFSサービスがないから…」なんて言っていた日々が懐かしくなりました。東京リージョンでの公開を期待します!

DHCPやNATを通信事業者にオフロードする「vCPE」、NECがフィールド実験を完了

ITProによると、NECは2016年6月22日、モデムやルーターなどの宅内通信機器の機能の一部をネットワーク側に移して仮想化し、ネットワーク側から集中制御できるようにする仕組み「vCPE」(バーチャライズドカスタマープレミセズイクイップメント、顧客宅内通信機器の仮想化)について、ブラジルの商用ネットワークを利用したフィールド実験を2016年5月に完了したと発表した。今後、ブラジルでvCPEの商用サービス開始を目指すとしている。

 

f:id:Lync:20160627194210j:plain

出典:ニュース - DHCPやNATを通信事業者にオフロードする「vCPE」、NECがフィールド実験を完了:ITpro

 

ざっくり言うと…

  1. vCPEによって、家庭用ルータなどの機能をより簡素化することが可能
  2. 今までの家庭用ルータの役割は宅内の通信機器からサービス事業者のネットワーク側に移動させる
  3. vCPEは、SDN(ソフトウエアデファインドネットワーク)やNFV(ネットワーク機能の仮想化)といった技術を利用する

 

期待できる効果は?

vCEPによって、DHCP(端末へのIPアドレスの動的割り当て)やNAT(宅内LANとインターネット間のIPアドレス変換)、QoS(帯域制御など)、ペアレンタルコントロール(アクセス制限)といった上位レイヤーの機能を、宅内の通信機器からサービス事業者のネットワーク側に移動させることができる。

宅内にはより簡素化されたルータ?(というよりエッジ装置)が設置されるイメージになる。

この技術が日本でも実用化されれば、家庭でのルータの設置や設定、メンテナンスがより簡単になることになるだろう。

セキュリティの観点からみた効果

またセキュリティの観点から話をすると、先日、このような家庭用ルータの脆弱性に関する記事があった。

internet.watch.impress.co.jp

このような家庭用ルータの脆弱性も、機能の多くをサービス事業者側に移行することで少なくすることができるといえるだろう。

脆弱性の対応も通信事業者にて実施するものが多くなり、利用者の運用不可の低減が期待できる。

 

*…上記の脆弱性は、ファームウェアに起因するもの。また、デフォルト設定ではファームウェアは自動更新となっているようだ(手動での更新も可能)。基本的には放っておいても自動更新のタイミングで対応がなされると言えるだろう。

 


いかがでしたでしょうか?

やはりぼくは基本的にシステムはクラウドを利用し、保守運用を外部に移管したほうが良いと思います。(もちろん事業の背景や考え方、コストにもよりますが・・・)

そういう意味でも、今まで一般家庭の宅内ネットワークや企業の構内ネットワークに持たないといけなかった仕組みを外部に移管できる技術はぜひとも取り入れたいと思います。日本でのリリースを期待!

SQL Serverトラブルシューティング

f:id:Lync:20160622193447p:plain

本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、「SQL Serverで起こりがちなトラブル」を厳選して、具体的な対処方法を紹介していきます。第1回目は「トラブルを適切に対処するための考え方」を解説します。

出典:SQL Serverトラブルシューティング(1):それでは“ダメ”な「トラブル対応例」 (1/2) - @IT

 

この連載、すごく好きです。 読んでいて非常に役に立つなと思うのは、トラブルシューティング全般に関する事項を書いてくれているので、SQLServerのみならず、その他のトラブルシューティングに関する考え方を勉強できる点。

 

「真の原因を理解して対策しなければ、再度発生する可能性があります。問題を先送りにしただけで、リスクは残ったままです」

「トラブルシューティングは「“恒久な対策につながること”を考えて対策する」ことが肝要です」

出典:SQL Serverトラブルシューティング(1):それでは“ダメ”な「トラブル対応例」 (1/2) - @IT

 

『まさにそれです!』と言いたくなるフレーズがたくさんあります。

現時点での記事数は3つ。

  • 第1回 それでは“ダメ”な「トラブル対応例」
  • 第2回  SQL Serverのインストールウィザードで「ルールチェックに失敗」した(インストールトラブル)
  • 第3回 「インストール中にエラー」が発生した(インストールトラブル)

どの記事にもきっと役に立つ部分があると思います。インフラエンジニアの方にはぜひ読んでいただきたいです!

ちなみに次回連載の掲載をメールで受け取る事もできます。(上記のリンク内の「次回の掲載をメールで受け取る」という部分をクリックして下さい。)

 

Tips:セットアップログの位置(第3回より)

既定では「C:\Program Files\Microsoft SQL Server\<バージョン番号>\Setup Bootstrap\Log\<インストール日時>\」内にログファイルが保存される。パスにあるバージョン番号は、以下を参照。

  • SQL Server 2012⇒110
  • SQL Server 2014120
  • SQL Server 2016130

インストール時のトラブルでは、この中の「Summary~」から始まるファイル名のログと「Detail.txt」を探して、内容を確認するとよい。それらのファイルを開き、「error」や「failed」といった文字列を検索して、エラーとなった箇所を見つける。

IT系の資格試験は果たして役に立つのか?

@ITのコラムに「資格の生かし方について考える」という記事がありました。

 

資格試験は役に立つのか?転じて、研修って意味あるのか?

IT業界に勤めていれば、こんな話題を軽く同僚としたりすることもあると思います。

 

著者は、この疑問に対して、こう述べています。

資格はあくまで可能性でしかなく、資格を役立たせられるかどうかはその人次第と思っています。私はこれまでに結構な数の資格を取得しました。その中には私自身のキャリア形成に欠かせない絶対に必要だった資格もあれば、まったく役に立たなかった資格もあります。今思うにその差は、私が資格を取った後に、その資格をどのように使っていこうとしたか、だと思います。

資格にせよ、何かで学んだ知識にせよ、それを仕事で活用させるためには、自分なりの解釈が必要だと思います。資格はあくまで知識でしかありません。それを仕事で使うためには、知識と業務のズレをどうやって補うかが重要だと思います。

出典:第214回 資格の生かし方について考える:5分間キャリア・コンサルティング:エンジニアライフ

 

資格合格だけが資格試験の目的ではない

資格試験は『試験』なので、もちろん問題があります。その問題において合格点を取ることができれば晴れて資格取得です。

しかし誤解を恐れずに言えば、資格取得で大切なのは試験に単純に合格することではありません。単純に問題の解法を知って、暗記して、というだけでは資格取得の意味はかなり薄くなってしまうと考えています。

大切なのは、実際の業務に照らし合わせ、考えながら勉強をすること。

  • この技術は実際の環境でどのように使われているのだろうか?
  • この製品において、この技術は実装されているのだろうか?
  • こんな技術を今のお客様は求めているのではないか?

そして、資格試験を通じて『知っている』から『使える』にステップアップすることが大切です。

とはいえ、資格試験だけを通じて、『使える』レベルまでステップアップするのはなかなか難しいです。やはり資格試験には畳の上の水練のような側面はあります。

ただ、当たり前ですが、知らないことを使えるようにはなりません。使えるようになるためにはまずは知ること。その入口として資格試験は重要です。知るべき事項を体系的に学ぶことができるからです。

 

もちろんせっかくなら資格試験に合格しよう

ただ、受けるのであれば資格試験には合格しましょう。試験問題を通じて、自分の理解が浅い部分の確認もすることができますし、合格することで報奨金をもらえる会社もあるでしょう。

ぜひとも資格試験を通じて、キャリアアップして頂きたいと思います。

【Linux】標準出力と標準エラー出力(2>&1の意味)

今回は標準出力と標準エラー出力について解説します。それとインフラエンジニアであれば一度は出あったことがある、2>&1の意味について理解しましょう。

 

標準出力と標準エラー出力

コマンドを実行したときにエラーが発生することがあります。たとえば次の例では、catコマンドで存在しないファイルを指定しています。catコマンドでは、aaaというファイルを探して、そのようなファイルがなかったというエラーメッセージを出力しています。

$ cat aaa

cat: aaa: No such file or directory

このようなエラーを伝えるためのメッセージは標準出力ではなく、「標準エラー出力」に出力されるようになっています。標準エラー出力も標準出力と同様、特に指定していないときには端末が利用されます。そのため一見すると、標準出力に出力された場合と区別がつきません。しかし、標準出力をリダイレクトすると、それらが独立していることがわかります。

次の例では、先ほどの標準出力をbbb.txtにリダイレクトしています。

$ cat aaa > bbb.txt

cat: aaa: No such file or directory

 bbb.txtを開いてみましょう。

$ cat bbb.txt 

$ 何も表示されない

何も表示されませんね。これにより cat: aaa: No such file or directory は標準入力ではなく、標準エラー出力であることが分かります。

 

標準出力と標準エラー出力が分かれているメリット

今までの話から、標準出力と標準エラー出力が分かれている意味はなんだろう?と思われるかもしれません。これは例えばスクリプトの実行時などをイメージすると分かりやすいと思います。次の例ではaaa.shの実行結果をbbb.logに書き込んでいます。

$ ./aaa.sh > bbb.log

このとき実行の結果、エラーが発生した場合、端末にエラーが表示されることになります。

$ ./aaa.sh > bbb.log

cat: aaa: No such file or directory

なぜなら、標準出力はすべてbbb.logにリダイレクトされますが、標準エラー出力はリダイレクトされていないからです。これによりスクリプト実行時にエラーが発生した場合はエラーに気づくことができます

 

標準エラー出力も含めてリダイレクトしたい場合

ただ、cronで定期的にスクリプトを実行してその結果をログに出力する場合などは標準エラー出力も含めてログにリダイレクトしたいでしょう。この場合は、

$ cat aaa > bbb.txt 2>$1

のように、2>&1を後ろにつけます。2は標準エラー出力を表し、1は標準出力を表します。2>&1で標準エラー出力を標準出力にリダイレクトするという意味になります

次の例は、前出のコマンドの標準エラー出力を標準出力にリダイレクトしています。さらに標準出力は、bbb.txtにリダイレクトしています。

$ cat aaa > bbb.txt 2>&1

$ ←なにも表示されない

標準エラー出力が表示されませんね。これは標準エラー出力が標準出力にリダイレクトされているからです。証拠にbbb.txtを開いてみましょう。

$ more bbb.txt

cat: aaa: No such file or directory

正常にリダイレクトされていることが確認できました。