社内システムをつくろう!

社内システムをつくろう!

あるシステム担当のブログ。本サイトのご利用は自己責任にてお願い致します。

DHCPやNATを通信事業者にオフロードする「vCPE」、NECがフィールド実験を完了

ITProによると、NECは2016年6月22日、モデムやルーターなどの宅内通信機器の機能の一部をネットワーク側に移して仮想化し、ネットワーク側から集中制御できるようにする仕組み「vCPE」(バーチャライズドカスタマープレミセズイクイップメント、顧客宅内通信機器の仮想化)について、ブラジルの商用ネットワークを利用したフィールド実験を2016年5月に完了したと発表した。今後、ブラジルでvCPEの商用サービス開始を目指すとしている。

 

f:id:Lync:20160627194210j:plain

出典:ニュース - DHCPやNATを通信事業者にオフロードする「vCPE」、NECがフィールド実験を完了:ITpro

 

ざっくり言うと…

  1. vCPEによって、家庭用ルータなどの機能をより簡素化することが可能
  2. 今までの家庭用ルータの役割は宅内の通信機器からサービス事業者のネットワーク側に移動させる
  3. vCPEは、SDN(ソフトウエアデファインドネットワーク)やNFV(ネットワーク機能の仮想化)といった技術を利用する

 

期待できる効果は?

vCEPによって、DHCP(端末へのIPアドレスの動的割り当て)やNAT(宅内LANとインターネット間のIPアドレス変換)、QoS(帯域制御など)、ペアレンタルコントロール(アクセス制限)といった上位レイヤーの機能を、宅内の通信機器からサービス事業者のネットワーク側に移動させることができる。

宅内にはより簡素化されたルータ?(というよりエッジ装置)が設置されるイメージになる。

この技術が日本でも実用化されれば、家庭でのルータの設置や設定、メンテナンスがより簡単になることになるだろう。

セキュリティの観点からみた効果

またセキュリティの観点から話をすると、先日、このような家庭用ルータの脆弱性に関する記事があった。

internet.watch.impress.co.jp

このような家庭用ルータの脆弱性も、機能の多くをサービス事業者側に移行することで少なくすることができるといえるだろう。

脆弱性の対応も通信事業者にて実施するものが多くなり、利用者の運用不可の低減が期待できる。

 

*…上記の脆弱性は、ファームウェアに起因するもの。また、デフォルト設定ではファームウェアは自動更新となっているようだ(手動での更新も可能)。基本的には放っておいても自動更新のタイミングで対応がなされると言えるだろう。

 


いかがでしたでしょうか?

やはりぼくは基本的にシステムはクラウドを利用し、保守運用を外部に移管したほうが良いと思います。(もちろん事業の背景や考え方、コストにもよりますが・・・)

そういう意味でも、今まで一般家庭の宅内ネットワークや企業の構内ネットワークに持たないといけなかった仕組みを外部に移管できる技術はぜひとも取り入れたいと思います。日本でのリリースを期待!