社内システムをつくろう!

社内システムをつくろう!

あるシステム担当のブログ。本サイトのご利用は自己責任にてお願い致します。

Office365を勉強する

f:id:Lync:20160704201827p:plain

出典:Office - Microsoft Store 日本

 

「Office365」の導入を検討されている情シス担当者や実際に相談を受けたSIerの方々も増えてきたのではないでしょうか。

本エントリでは、Office365について説明された記事を引用しながら、その機能やメリット、注意点などについて学習していきます。

 

【ステップ1】Office365とは?

まずはこちらのエントリでOffice365について基礎を学習しましょう。

特集「Office 365」:今さら聞けない「Office 365」、基本と機能をおさらい (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 

本記事から引用すると、Office365とはこのようなサービスと言えます。

Office 365とは、改めて何か。業務効率を向上させるための統合業務ツール群で、これをクラウド上(やデスクトップ)でまとめて利用できるサービスだ。

Microsoftの解説ページには「クラウド版グループウェアサービス」とも説明されている。これがOffice 365の製品としての性格をよく表している。基本機能としては次の5つが含まれている。

  • Exchange Online
  • SharePoint Online
  • Lync Online
  • Yammer
  • Microsoft Office(Office 365 Business/ProPlus)

出典:特集「Office 365」:今さら聞けない「Office 365」、基本と機能をおさらい (1/2) - ITmedia エンタープライズ

『Officeを含めたMSの業務ツールをクラウドで提供する』というのがザックリとしたところでしょう。

 

【その2】Office365の導入メリット

ではOffice365導入のメリット、効果とはなんでしょうか?それについてはこちらの記事を。

特集「Office 365」:「Office 365」導入で、どんな効果が期待できるのか (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 

Office 365の特徴は、「国内データセンター」で「必要な業務ツールをオールインワン提供」すること。情シスはそのコストメリットをどうとらえるか。リセラーによると、導入検討段階の企業が「ナルホド!」と一気に前向きになるポイントがあるようだ。「BCP」と「国内データセンターで提供」である

出典:特集「Office 365」:「Office 365」導入で、どんな効果が期待できるのか (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 3.11を契機に企業の事業継続性が問われることになりました。業務データの重要性が高まる昨今、災害等によるデータの損失により事業の継続が困難になることは大いにあり得ます。

オンプレミス型サーバでの運用は、その対策を自社で行う必要があります。対策には、多大なコストが発生することになり、こうした仕組みを中堅規模以下の企業が導入するには、投資の面で極めて難しいと予想されます。

この点、Office365は冗長化の仕組みを標準で提供しているので、それらの悩みを一気に解決することが可能です。

業務に必要なツールをクラウドサービスとして包括していることに加え、Office 365は国内企業ユーザーへ、日本国内のデータセンターよりサービスを提供する。東日本と西日本、2拠点のデータセンターでデータを管理する「冗長化の仕組み」が標準で提供されている。

出典:特集「Office 365」:「Office 365」導入で、どんな効果が期待できるのか (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 

◆随時追記中!

本日はここまで。随時更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。