社内システムをつくろう!

社内システムをつくろう!

あるシステム担当のブログ。本サイトのご利用は自己責任にてお願い致します。

【AWS資格取得日記】#2 簡単な環境構築をやってみる。

どうもー! 今日は、前回の続きです。

int-infra.hatenablog.com

前回やろうと決めた、こちらの本を読みながらAWS上で簡単な環境構築やりましたー!

Amazon Web ServicesではじめるWebサーバ (I・O BOOKS)

本書の概要

AWSで提供されるサービスのうち、

* Amazon EC2 * Amazon RDS * Amazon Route 53

を、AWS上でのWordPress環境の構築を通じて勉強していき、

さらに、

* Amazon S3

をファイルサーバとして利用する方法、 Static Web HostingでWebサーバとして利用する方法を解説しています。

そのため、全体を通しては、

* Amazon EC2 * Amazon RDS * Amazon Route 53 * Amazon S3

の4つのサービスを学習できる構成になっています。

【感想】解説がとにかく丁寧

どのサービスの解説にも画面キャプチャを追っていきながらの 解説担っているので、すごく分かりやすいです。 (AWSのサービスに関しては画面がどんどん変更されていくので、 少し古い画面になっている部分も有りますが。。。)

途中、Apacheをインストールする際などの手順もあるので、 「AWSのこと教えろやい!」って思う方もいるかもですが、 それくらい丁寧に手順を書いてくれています。

AWSに関しても、 リージョンやアベイラビリティゾーンといった基本の考え方、 料金体系についても触れられています。 アカウントの作り方についても丁寧に記述がありますので、 本書の環境構築においては、 迷うことはまずないのではないかなぁと。

もちろん環境構築にあたって、 EBSやAMI、EIP、セキュリティグループの解説もあります。

S3に関しては、ファイルサーバとして利用するにあたって、 ユーザを作成して、アクセス制御を行う方法も解説があります。

また、サーバ(EC2インスタンス)とRDSのバックアップ・リストアの方法として、 スナップショットの取得とリストアの方法の解説があります。

CloudWatchに関しては、Billing Alertsに関しての記述があります。

まとめ:初心者の入門本としてオススメ

・ELBの解説がない ・VPCを利用していない 等に関しては少し寂しい気もしますし、 今のAWSの仕様では環境構築をする上でVPC利用はデフォルトになってるし、 たまに、 『「Amazon RDS」を使うデメリットは、とくにありません』 等の記述があり、ほんとに??って思うこともありますが、 最初に読む入門本と言う点ではオススメできる本だと思います。

また上記で紹介しなかった項目、(たとえば下記) についても軽く紹介があったりします。 ・RDSのMulti-AZ機能 ・Termination Protection機能 ・その他もろもろ

ただベテランのインフラエンジニアさんなどにとっては、 かなり歯ごたえのない内容になっていると思います。

あくまでぼくみたいな、 インフラエンジニア駆け出し×AWSもさわったこと無い×はじめてさわるものに関してはアレルギーを感じる みたいな人におすすめできる本ですね。

次にやる本

本書を通じて、簡単な環境構築は体験できました。 もう一つくらい、一歩ふみこんだ環境構築をしてみたいなぁということで、 次はこの本読みながら環境構築してみようかなぁようかと思います。

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築

それではまた次回!